映画『フューチャーワールド』クチコミ

『フューチャーワールド』概要

『フューチャーワールド』 劇場予告編

あらすじ

第3次世界大戦後の世界で、平和主義者たちが集まる“オアシス”を治めるクイーン(ルーシー・リュー)は、難病を患う。彼女の息子プリンス(ジェフリー・ウォールバーグ)は、難病の特効薬がある遠い地“命の寺”を目指す途中で、アンドロイドのアッシュ(スーキー・ウォーターハウス)を連れた侵略者ウォーロード(ジェームズ・フランコ)に出くわす。

シネマトゥデイ
タイトルフューチャーワールド
原題Future World
上映開始日2018年6月23日
監督ジェームズ・フランコ
キャストジェームズ・フランコ
ミラ・ジョヴォヴィッチ
ジェフリー・ウォールバーグ 他
吹き替え加瀬康之、本田貴子、酒井広大 他
公式サイトhttp://fw-movie.com/

© 2018 FW PRODUCTIONS, LLC.

『フューチャーワールド』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

全体的に展開があっさりしていてあまり楽しめない映画でした。
~中略~
ナイフを使ったアクションシーンは多少楽しめますが、アクションに新しい見せ方もありません。
「あらくれ者たちがバイクで荒野を走る」という設定など既視感バリバリで、目新しもありません。

ジャケ借りくん 「フューチャー・ワールド」映画感想(ネタバレ/結末)展開があっさり過ぎる

登場人物の名前が象徴的だったりするのは心底どうでも良いし、プリンスの役立たず振りにはイラッとするし、アンドロイドはマジで何考えているのかサッパリだし、アクションシーンは少なめだし、正直なところ、全体的には冗長な印象でして。

三角絞めでつかまえて フューチャーワールド(ネタバレ)

人物たちの言動には根拠もなく責任もない。
荒れ果てしまった未来の地球だから、人間がおかしくなったとかの理由ではなく、この映画を制作したひとたちがマジでつまんないとしかおもえない。

popcorn フューチャーワールド

タイトルとURLをコピーしました