映画『イコライザー2』クチコミ

『イコライザー2』概要

映画『イコライザー2』予告(10月5日公開)

あらすじ

昼の顔と夜の顔を合わせ持つ元CIA エージェント、ロバート・マッコール。昼はタクシードライバーとしてボストンの街に溶け込み、夜は冷静残虐に悪人を始末していく。彼の“仕事請負人=イコライザー”としての顔は誰も知らない。ただひとり、CIA時代の上官スーザンを除いては。だがある日、スーザンがブリュッセルで何者かに惨殺される。唯一の理解者を失い、怒りに震えるマッコールは極秘捜査を開始。スーザンが死の直前まで手掛けていたある任務の真相に近づくにつれ、彼の身にも危険が。その手口から身内であるCIAの関与が浮上、かつての自分と同じ特殊訓練を受けたスペシャリストの仕業であることを掴む。今、正義の《イコライザー》と悪の《イコライザー》がついに激突する!

映画『イコライザー2』オフィシャルサイト
タイトルイコライザー2
原題The Equalizer 2
上映開始日2018年10月5日
原作マイケル・スローン
リチャード・リンドハイム
『ザ・シークレット・ハンター』
監督アントワーン・フークア
キャストデンゼル・ワシントン
メリッサ・レオ
ペドロ・パスカル 他
吹き替え大塚明夫、高島雅羅、西健亮 他
公式サイトhttp://www.equalizer2.jp/

© 2018 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『イコライザー2』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

前作で多くの観客が「ここが大好き!(´∀`) アイシテル」と思った要素(注※ブログ主の決めつけ)をキッチリと引き継いでいるんだから、それだけで十分、優れた続編じゃないでしょうか。

三角絞めでつかまえて イコライザー2(ネタバレ)

イコライザー1と全く同じ演出、安定の面白さ! なのにストーリーはまるで正反対で1を見てる人でも展開にワクワクする、ってか1を見てないと楽しめねぇ!!!

Machinakaの日記 映画「イコライザー2」感想ネタバレあり解説 前作のホームセンター店員が全ての伏線だった!

アントワーン・フークア監督の世界観と、デンゼル・ワシントンの演技が融合した作品として、立派に他アクション映画と差別化されたシリーズになっていると思う。「2」まで観てもまだ謎は残されている為、続編もあるのだろう。

映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ 「イコライザー2」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

「正義の怒りは悪よりも圧倒的に強く、つけ入る隙は無い」という、デンゼル・ワシントンならではの正義のヒーローが確立しています。残虐なシーンが多い作品ですが、観る人によっては悪を退治するという爽快さを感じて良いのではないでしょうか。

キネマの館(ヤカタ) 『イコライザー2』感想 デンゼル・ワシントンが演じる陰のヒーロー ※ネタバレあり

なんと言ってもアクションとキャラクターが最高。皆に愛されるロバート・マッコールは映画史に残る凄腕エージェントの一人になることでしょう!
悪い点としては前作のキャラクターがほとんど登場しなかったこと。相手がそこまで強くなかったことが挙げられますね。

今日も映画ですか? 映画『イコライザー2』感想 最強すぎる正義の味方ロバート・マッコール再び!

とにかくアクションまでが長くて飽きる!
そのアクションも、「無駄」を徹底的に排した冷淡な戦闘だから、テクは素晴らしくても映画としての面白さに欠ける。
でも、スクリーンに視線を釘付けにさせる音楽や演出が素晴らしかったし、ラストの見せ場バトルも凄かった!

メモスト 【映画】『イコライザー2』感想:冷徹無慈悲に洗練された“暴力”をD.ワシントンが魅せる!

タイトルとURLをコピーしました