映画『デトロイト』クチコミ

『デトロイト』概要

2018年1月26日(金)公開『デトロイト』海外版予告(日本語字幕)

あらすじ

1967年7月、暴動発生から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到した。そこで警官たちが、偶然モーテルに居合わせた若者へ暴力的な尋問を開始。やがて、それは異常な“死のゲーム”へと発展し、新たな惨劇を招き寄せていくのだった…。

映画『デトロイト』公式サイト
タイトルデトロイト
原題Detroit
上映開始日2018年1月26日
監督キャスリン・ビグロー
キャストジョン・ボイエガ
ウィル・ポールター
ジャック・レイナー 他
吹き替え杉村憲司、益山武明、木島隆一 他
公式サイトhttps://longride.jp/detroit/

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『デトロイト』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

鑑賞してから何時間か経った今でも、こんなにやるせなくて哀しい事件が本当にあったのかと、ショックな気持ちで一杯です。
何度も悔しいと思い、何度も拳を握りしめました。
何より、映像、脚本、メッセージがとても優れている名作なのに、なぜアカデミー賞にノミネートされなかったのかが、不思議でなりません。

マイペースナイト 【ネタバレ感想】映画「デトロイト」差別という業を背負ったアメリカ社会の恐ろしい真実

映画か終わった後、重苦しい気持ちで帰った。娯楽作品ではないので敬遠される方も多いと思う。でもこんな出来事が実際に起こったのは間違いない。

辰々のお薦め映画とベストテン 映画「デトロイト」感想・評価:顔がこわばり胃が痛くなる衝撃のバイオレンスドラマ

映画の最後で描かれていた、モーテルから生き残った実在の黒人の一人が、貧しさの中でも負の連鎖を断ち切って生きぬいてきた現実が、感慨深くも、酷く寂しく感じられる作品でした。

マリブのブログ 映画『デトロイト』の私的な感想―アメリカの深い闇、真実を追う記録映画―

最初から最後まで辛い映画である。作品としての出来がどうとかはあまり言及する気にはなれんが、事実を基にした話ということで、鑑賞後、誰もがいろいろ思うところはあるだろうし、現在のアメリカでもこれと似たような警官の横暴は起こっているようなので、一度は鑑賞しといてもよいと思った。

人生半降りブログ 映画 デトロイト ネタバレ感想 差別感情はどのように芽生えるのか

正直に言わせてもらうと、もう二度と観たくない映画です。
しかしながら一度は観るべき映画かな、とも思います。
でも人にはちょっと勧めづらいな、とも思います。
そんないいのか悪いのかよくわからない気持ちになってしまう映画『デトロイト』。

やまぴーのちょっとだけ奇妙な冒険 映画『デトロイト』を観た後の気分は最悪、でも見るべき(ネタバレあり感想)

事実に基づく話なので、なんでもかんでも結末をキレイにできるわけではないのですが、このモヤモヤを何かしらキレイに締めてくれるような流れが欲しかったというのは本音です。

モンキー的映画のススメ 映画「デトロイト」感想ネタバレあり解説 への字眉毛に震える夜。

タイトルとURLをコピーしました