映画『ダークタワー』クチコミ

『ダークタワー』概要

『ダークタワー』6月6日(水)ブルーレイ&DVD&UHDリリース/同日ブルーレイ&DVDレンタル開始

あらすじ

ニューヨーク。少年ジェイクは毎夜同じ夢にうなされていた。“巨大なタワー”“拳銃使いの戦士”そして“魔術を操る黒衣の男”…
ある日、この現実世界と夢で見た≪中間世界≫と呼ばれる異界が時空を超えて繋がっている場所を発見する。すべては実在したのだ――。
中間世界に導かれたジェイクは、そこで拳銃使い<ガンスリンガー>に出会う。彼は2つの世界のバランスを保つ塔=ダークタワーの最後の守護者であり、タワーの破壊を目論む<黒衣の男>を倒すため旅を続けていた。
一方、ジェイクこそが唯一タワーを破壊できる特殊能力を秘めた存在であることに気づいた黒衣の男は、その強大なパワーを求め、ジェイクたちの前に立ちはだかるが――。

映画『ダークタワー』公式サイト
タイトルダークタワー
原題The Dark Tower
上映開始日2018年1月27日
原作スティーヴン・キング
『The Dark Tower』
監督ニコライ・アーセル
キャストイドリス・エルバ
マシュー・マコノヒー
トム・テイラー 他
吹き替え志村知幸、井上和彦、村瀬歩 他
公式サイトhttp://www.dark-tower.jp/

© 2017 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ダークタワー』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

物語としてはやりたい事、描きたいことがかなり明確に提示されているので分かりやすいです。
そして全体的にはダークな空気感が漂いつつも、王道にそった気持ちのいいストーリー展開が続きます。
その上で、注視すると様々なキーワードや伏線が散りばめられていたりして、
わりと万人にオススメできる作品な気がするんですよね、僕は。

趣味と向き合う日々 ダークタワー(2018年・アメリカ)バレあり感想 ちゃんと一本の映画として作られてました!

意外と面白いです。十把一絡げにされるべきものではなく、個性的で、やや忙しかったりちょっと説明不足なところもある展開ながら物語の構成もまあまあしっかりしていて、出来はまずまず。

ロープの向こう 「ダークタワー」の感想。原作は忘れろ。二丁拳銃アクションが冴える、一風変わったアクションファンタジー。

時空を超えたロードムービーと追跡劇と西部劇が合体した、異色で壮大な冒険ファンタジーです。映像も美しくて個性的、物語の展開も速く、メインの登場人物たちの設定も分かり易いですが、残念ながら全体的にちと古めかしい。

ディレクターの目線blog 映画「ダークタワー(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

中二病的要素がこれでもかというほどに盛り込まれています。
映画としては及第点どまりではありますが、やはりイドリスエルバが素晴らしかったですね。これに尽きます。彼がいなければ、この映画は破綻していました。

nagamovie 【ネタバレ】映画『ダークタワー』感想・解説:キング映画のモチーフが隠れてますね!

少年と孤高の男が力を合わせて世界を救う!現代西部劇の匂いを醸し出しながらSFファンタジーの世界観を見事に融合させた、冒険譚にして成長譚映画でした!しかし尺が足りない・・・。

モンキー的映画のススメ 映画「ダークタワー」感想ネタバレあり解説 超大作の原作を凝縮し過ぎて旨みナシ。

全7部にも及ぶ長大な物語をたった95分で描こうという時点ですでに無理がありすぎますわな。てなわけでひたすら薄いです。見た目は濃そうですが食べてみたらなんの味もいたしません。

映画を観たからイラスト描いた 『ダークタワー』感想とイラスト おためし映画はうっすいのぉ

タイトルとURLをコピーしました