映画『クリード 炎の宿敵』クチコミ

『クリード 炎の宿敵』概要

映画『クリード 炎の宿敵』本予告【HD】2019年1月11日(金)公開

あらすじ

『ロッキー4/炎の友情』で最大のライバルにして親友のアポロは、ロシアの王者イワン・ドラゴと対戦。壮絶なファイトを繰り広げた末に倒され、そのまま帰らぬ人となった。あれから歳月が流れ、ついにその息子同士がリングに上がる。シリーズに新風を吹き込んだ傑作と全世界から大絶賛を受けた『クリード チャンプを継ぐ男』でロッキーのサポートを受け、一人前のボクサーへと成長した亡きアポロの息子、アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)。対する相手はドラゴの息子、ヴィクター。ウクライナの過酷な環境から勝ち上がってきた最強の挑戦者だ。アドニスにとっては、父を殺した男の血を引く宿敵となる。アポロVS.ドラゴから、アドニスVS.ヴィクターへ。時代を超えて魂のバトンが手渡される因縁の対決。絶対に見逃すわけにはいかない。世紀のタイトルマッチのゴングが、いま鳴り響く!

映画『クリード 炎の宿敵』公式サイト
タイトルクリード 炎の宿敵
原題Creed II
上映開始日2019年1月11日
監督スティーヴン・ケイプル・Jr
キャストマイケル・B・ジョーダン
シルヴェスター・スタローン
テッサ・トンプソン
吹き替え杉村憲司、羽佐間道夫、東條加那子 他
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/creed/

©2018 Warner Bros. All Rights Reserved.

『クリード 炎の宿敵』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

前作「クリード チャンプを継ぐ男」に続き、その続編となった本作も傑作であり、名作であることには間違いないだろう。
ドラゴ親子はあまりにも魅力的であり、スピンオフとして「ヴィクター・ドラゴ」を製作してほしいほどだ。(この結末を迎えるとかなり難しいことは明白でもあるが)
今年の上位に入ることが予感される最高の一作。

SayGo’s映画批評 映画レビュー「クリード2 炎の宿敵」100点! ロッキー4完結!最高の続編!

守るものを背負った男が野獣と化す!
クライマックスの試合とその後の展開に涙が止まりません!!
ここからクリード伝説の幕開けだ!!

モンキー的映画のススメ 映画「クリード2/炎の宿敵」感想ネタバレあり解説 ここからアドニス伝説のはじまり。

感想を一言で言うと面白かったです。
さきほども言った通り『クリード 炎の宿敵』はかなり伝統に沿ったなーと思います。前作『クリード チャンプを継ぐ男』はロッキーシリーズの設定を引き継ぎつつもしっかり別物だったんですが『クリード 炎の宿敵』は展開も雰囲気もかなり旧ロッキーシリーズっぽかったです。

DYOBLOG ネタバレ感想評価【クリード2炎の宿敵】面白いけど、文句が沢山ある

この映画の感想を簡単にまとめると、
因縁のライバル、王座からの転落、どん底からの這い上がり…
使い古された展開のボクシング映画なのに、なぜか心が燃えしまう
ストーリーはコテコテの王道展開です。

やまぴーのちょっとだけ奇妙な冒険 映画『クリード2/炎の宿敵』なぜ使い古された展開のボクシング映画に心が燃えるのか[ネタバレなし感想]

そんなこんなで正直、本作以上の続編を私は考えることはできません。続編として文句なしです。むしろ本作の続編の在り方に不満があるなら、ぜひ『クリード』シリーズの次回作の監督に名乗り上げるべきですよ。スタローンに脚本案でも送ってね。
でも、これ以上の続編はちょっと…。なぜならロッキーが、ロッキーが永遠にいなくなりそうで…。
続きを観たくない。見たくない…。

シネマンドレイク:映画感想&レビュー 『クリード 炎の宿敵』感想(ネタバレ)…クリード2は続編としてKO勝ち

ちょっともう・・・泣きすぎたし感想まとまんないしで、いつも以上に薄っぺらい感想ですが、もういいよ・・・。アツかったんだよ。帰宅してからまず最初に腕立てと腹筋したんだよ。自分のなりたい姿に向かって努力しようと思ったんだよ。男を突き動かすエネルギーがあるんだよこの映画には。それだけでいいじゃないか。はい。

しーまんの映画から学ぶ人生 【ネタバレ感想】映画『クリード2 / 炎の宿敵』から学ぶ人生(レビュー・解説)

物語は、セオリー通りの展開で新鮮味はなく、人間ドラマの面白さは前作に及ばない。
しかし、クーグラー色の強かった前作より、ずっと「ロッキー」している本作は、外連味たっぷりのボクシング映画の魅力としてはむしろ上回っているのだ。

ノラネコの呑んで観るシネマ ショートレビュー「クリード 炎の宿敵・・・・・評価額1700円」

前作よりグレードアップしたのは確実で、終盤のロッキーのテーマの秀逸な使い方もあり、120%満足できる作品になっていました。
作品、主人公共にこれで完全に「ロッキー」からの継承は完璧に受け継がれたのはないのでしょうか。
本作の素晴らしい点は、きちんと「ロッキーシリーズ」をリスペクトしつつ、オリジナルの色を出せている点です。

マイペースナイト 【ネタバレ感想】「クリード/炎の宿敵」熱い!痛い!号泣!そんなヒューマン作品

前作を観て面白かったという人は迷わず観るべし。敵役のドラゴ親子によって作品により深みが出て完全に前作越え。前作は敵役のチャンピオンがちょっと地味だったからなあ。前作で消化不良だったロッキー親子の物語が今作で前進したのも高評価。次作こそ本当の意味でアドニスの物語を期待したい。

趣味のいい生活 クリード 炎の宿敵(感想・評価・レビュー・ネタバレ)

欲をいえば、ドラゴ親子の人生をもっと深く掘り下げてほしかった気もする。その一方で、クリードの物語としては本作のバランスが最適だったようにも思える。

から揚げが好きだ。 クリード 炎の宿敵 【感想】

タイトルとURLをコピーしました