映画『ブッシュウィック-武装都市-』クチコミ

『ブッシュウィック-武装都市-』概要

映画『ブッシュウィック -武装都市-』予告編 2018.8.11(土)公開 / 地下鉄を降りると、そこは戦場だった- 『ザ・レイド』スタッフが贈る究極のノンストップサバイバルアクション!

あらすじ

ニューヨーク州・ブッシュウィック。
大学院生のルーシー(ブリタニー・スノウ)は家族に会うため地下鉄の駅を降りたった。異変を感じつつも地上に出ると、上空をヘリや戦闘機が旋回し、おびただしい数の銃弾が飛び交い、
ミサイルや手榴弾が炸裂。見慣れた街が突如戦場と化していた-。
戦闘状態の街に放り込まれ、逃げ惑うルーシーだが、謎の男スチュープ(デイヴ・バウティスタ)と出会い、生き残りをかけて戦う決心をする。
行き交うのは謎の軍隊。誰が?何のために?なぜ殺戮するのか?
見えない敵への恐怖の先に、衝撃のエンディングが待ち受ける…!!

映画「ブッシュウィック-武装都市-」オフィシャルサイト
タイトルブッシュウィック-武装都市-
原題Bushwick
上映開始日2018年8月11日
監督ジョナサン・マイロット
キャリー・マーニオン
キャストデイヴ・バウティスタ
ブリタニー・スノウ
アンジェリック・ザンブラーナ 他
吹き替え楠見尚己、山根舞、宮中はるか 他
公式サイトhttp://bushwick-movie.com/

© 2016 STUPE PRODUCTIONS LLC.

『ブッシュウィック-武装都市-』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

多様な人種やその中の格差、政治的な内部混乱などアメリカならではの社会問題にも迫るストーリーも合わさって、歪なアメリカの一面を見せてくれます。意外にも社会派な異色サスペンスとしての魅力が詰まった映画でした。

怠惰ウォンテッド 「ブッシュウィック -武装都市-」感想 本当の見どころは生々しい社会描写にある(ネタバレあり)

一筆書きのようなカメラワークで、何回かカメラの切り替えはあったもののほぼワンカットに感じる作りで臨場感のある作品になっていました。
そしてこの映画が心に残った理由、それは個人的にあらゆる意味で先が読めずに裏切られ続けた映画でした。

一人ぼっちの遊星人X ネタバレあり! ブッシュウィック-武装都市- 感想

銃弾飛び交い爆撃が鳴り響きヘリが墜落し黒煙が立ち上りまくるやばい戦場と化した都市をくぐり抜けていくのは臨場感タップリ。なかなかのインパクトがありました。

にっきにっき 映画感想 – ブッシュウィック -武装都市-(2017)

楽しめる映画であった。安易にハッピーエンドにならないところがまた、リアリティを感じていい。序盤にルーシーの彼が気の毒に爆死して以降、謎の軍隊の全容がわかるまでのあいだ、緊迫感あるシーンが続く。

人生半降りブログ 映画 ブッシュウィック 武装都市 ネタバレ感想 謎の軍団の正体は?

だ・さ・く!
レッド・ドーンやパージを連想させる設定だったので、もしかしたら意外といいかもと期待してたんですけど、見事に期待は裏切られましたね。

ミセスGのブログ 【ブシュウイックー武装都市ー】C級アポカリプス映画の感想

タイトルとURLをコピーしました