映画『ブレイン・ゲーム』クチコミ

『ブレイン・ゲーム』概要

映画『ブレイン・ゲーム』予告編

あらすじ

FBI特別捜査官のジョー・メリウェザー(ジェフリー・ディーン・モーガン)と若き相棒捜査官(アビー・コーニッシュ)は、連続殺人事件の捜査に行き詰まり、元同僚のアナリスト兼医師ジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)に助けを求める。博士は隠遁生活を送っていたが事件に特別の感情を抱き、容疑者のチャールズ・アンブローズ(コリン・ファレル)を追跡していく。だが並外れた予知能力の持ち主である博士は、この殺人犯が自身以上の能力をもっていることに気付く…。

映画『ブレイン・ゲーム』公式サイト
タイトルブレイン・ゲーム
原題Solace
上映開始日2018年10月6日
監督アフォンソ・ポイアルチ
キャストアンソニー・ホプキンス
コリン・ファレル
アビー・コーニッシュ 他
吹き替え浦山迅、津田健次郎、森なな子 他
公式サイトhttp://braingame.jp/

© 2014 SUPERSENSORY, LLC

『ブレイン・ゲーム』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

邦題にまんまと騙されました。
確かに、殺しの手口が一緒の連続殺人ながら、被害者に全く関連がなく、一体犯人の目的は何なのか、大きな謎であり、それがゆっくりと解き明かされていく前半はとても面白く見ていられました。

Takmoの映画三昧 映画ブレインゲームのネタバレ感想とあらすじ!犯人が本当の狙いを考察!

『セブン』とか『羊たちの沈黙』とかその辺の作風を狙ってつくられたんだろうなと思わせる。作品に漂う、どんよりとした雰囲気や殺人鬼が仕掛けてくる意味深なゲーム的展開とかがけっこう似ているからね。

人生半降りブログ 映画 ブレインゲーム ネタバレ アンソニーホプキンスの予知能力バトル

サスペンスとしての出来はイマイチですがアンソニー・ホプキンスの魅力のおかげでポイントが上がった感のある作品。

ジャケ借りくん 「ブレイン・ゲーム」映画感想(ネタバレ/解説)予知能力捜査サスペンス!

すでに「重いテーマ」と「超能力」で映画の主語は決まっています。
なので、そこに「かっこいい」を差し込むとちょっとブレると思うのです。
「アンソニーホプキンス」「重いテーマ」「超能力」だけで十分ではないか。
そう言う意味で、無駄にカッコいい箇所があったりするのが少し気になりました。

TETSUGAKUMANのブログ 無知は最高の希望だった 映画「ブレインゲーム」ネタバレと感想

若い人間が年寄りに後を譲るストーリーは無理があると思うし、チャールズの描き方に深みが無い。もう少しストーリーを工夫したらヒットにつながったかも知れないね

辰々のお薦め映画とベストテン 映画「ブレイン・ゲーム」感想・評価:超能力連続殺人犯を追う超能力アナリストの戦いはどちらが勝つのか?

タイトルとURLをコピーしました