映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』クチコミ

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』概要

映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』予告編

あらすじ

アメリカ国内の商業施設で市民15人の命が奪われる自爆テロ事件が発生。 犯人一味がメキシコ経由で不法入国したと睨んだ政府は、 国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れる任務を、 CIA工作員のマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。
それを受けてマットは、 カルテルへの復讐に燃える旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。 麻薬王の娘イサベル(イザベラ・モナー)を誘拐し、 カルテル同士の戦争を誘発しようと企てる。 しかしその極秘作戦は、 敵の奇襲やアメリカ政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招いてしまう。 メキシコの地で孤立を余儀なくされたアレハンドロは、 兵士としての任務と復讐心、そして人質として保護する少女の命の狭間で、 過酷なジレンマに直面していく……。

映画「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」公式サイト
タイトルボーダーライン
:ソルジャーズ・デイ
原題Sicario: Day of the Soldado
上映開始日2018年11月16日
監督ステファノ・ソリマ
キャストベニチオ・デル・トロ
ジョシュ・ブローリン
イザベラ・モナー 他
吹き替え菅原正志、山野井仁、青山玲菜 他
公式サイトhttps://border-line.jp/

© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

ヴィルヌーブ作品の芸術性は消えてしまい、密着取材ドキュメンタリー的な面白さとは違ったベクトルの魅力を持つ作品になっていました。彼らがなにを大事にして、どこまでを守ろうとしているのかをより深く描いていましたね。

映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫) 「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」感想:好き勝手暴れる軍人たちも組織人

前作とは全くコンセプトを変えた作品だと言えるだろう。言うなれば、より娯楽色を強くしてエンターテイメント作品としての純度を高めた感じだろうか。その代わりに、前作の魅力であったサスペンス性や麻薬カルテル達のヒリヒリするリアリティ描写は無くなり、割とストレートなアクション映画になったと感じた。

映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ 「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

うーん脚本が詰め込み過ぎたのかなあ。アレハンドロのジレンマを描き切れていなかった印象。この映画ではそこが重要なのです。だって彼のジレンマこそ「善悪の境界線」という作品のテーマの核ですからね。

映画批評 ホームシアターの友 『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』ネタバレあらすじ解説 ラストの意味は?

単刀直入に今作の感想を述べるのであれば、前作の方が話に入りやすかった、という比較から、この映画一体どこへ向かうのさ、ってのが率直な感想。

モンキー的映画のススメ 映画「ボーダーライン2/ソルジャーズデイ」感想ネタバレあり解説 おっさん二人が窮地に立たされる話。

個性に頼る展開がつまらない。2人の絆が形成された過程もよくわからないので入り込めず。「復活」と「継承」のクダリは明らかに不自然で味気なく、タイラー・シェリダンの脚本としてはかなり粗い。

から揚げが好きだ。 ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ 【感想】

タイトルとURLをコピーしました