映画『アクアマン』クチコミ

『アクアマン』概要

映画『アクアマン』日本版本予告【HD】2019年2月8日(金)公開

あらすじ

その日人類は、海底からの未知の脅威に襲われる—。
人類を超えるテクノロジーと巨大モンスター軍で地上征服を狙う、アトランティス帝国。海の生物すべてを味方にする力を持つ男、アクアマンがやむなく立ち上がるが…。
その圧倒的な脅威に、彼はいったいどう立ち向かうのか!?

映画『アクアマン』公式サイト
タイトルアクアマン
原題Aquaman
上映開始日2019年2月8日
原作DCコミックス
監督ジェームズ・ワン
キャストジェイソン・モモア、アンバー・ハード
パトリック・ウィルソン 他
吹き替え安元洋貴、田中理恵、中村悠一 他
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

©2019 Warner Bros. All Rights Reserved.

『アクアマン』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

へたなSF観るならアクアマンを観るべきだし、ヒューマンドラマが観たい、ラブロマンスが観たい、なんならホラーが観たいという人も絶対にアクアマンを観てほしいです。噂にたがわぬ超傑作。最高でした。

僕の猫舎 『アクアマン』【ネタバレ感想】最高、超傑作、ありがとう!

これぞ映画館で観るべき作品。私は2Dでしたけど3Dの価値ある作品かと
ジェイソン・モモアはムッキムキで次期ドウェイン・ジョンソンって感じでした。やっぱヒーローはマッチョがいいよね。
DC作品はマーベルと比べて「暗い」「深刻」って印象でしたけど「ワンダーウーマン」あたりからギャグが増えていい感じです。

KIRAKIRA PERRY 映画 アクアマン ネタバレ感想 トリビア あらすじ AQUAMAN

緩急のあるアクションシーンにカメラがどこまでの追っかけ、まるで自分がいま戦っているのではないかと錯覚に陥るあの撮り方がそのまま再現されていて、新手のアトラクションだと思ってます。

Movie Magic DC映画『アクアマン』あらすじ感想ネタバレ:海底王国から地球を救う海のスーパーヒーロー

『アクアマン』は、どちらかというとハイテクSFというより、神話を題材にしたファンタジー色が強いのですがそこがまた、キャラのコスチュームから武器のデザインまでファンタジーで素敵で幻想的。
カットやつなぎもいいし、140分という、ちょっと長い上映時間でも全く飽きる事なくドキドキワクワク。
これぞ、非現実のなせるシネマワールドと言った感じです。

人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ アクアマンを見てきました!また新しいヒーロー誕生しちゃったよ・・。

どうしても他のヒーロー映画と比べてしまうので、最初はよくある映画だなぁという感想でしたが、ひとつの映画で神話を軸にヒューマンやサスペンス、SFにトレジャーハントなど様々な内容がサクサクと続き、お腹いっぱいになれる構成にとても満足できました。
どれもありきたりな内容ではありますが、キャラクターや映像や演出で飽きさせない展開は流石ジェームズ・ワン!

沖縄チビデブパパの雑記 映画「アクアマン」シンプルレビュー

振り返ってみると、かなりてんこ盛りな内容ながら、度肝を抜く海中の大戦争シーンあり、陸上でもアクロバティックな逃走劇あり、愛憎入り混じった家族ドラマあり、そして最後にちょっぴりロマンスありと、かなりバランスのとれた作品でした。

映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫) 「アクアマン」感想:みんなの「好き」を詰め込んだ竜宮城

ハイスピードかつド迫力な豪快アクションをこれでもかと詰め込み、ユーモアなセンスと感動のドラマをバランス良く加えた作品。
壮大なスケールで描かれる縦横無尽な海中バトルと、その映像美には終始驚かされました。
笑い、感動、興奮、映像美、規格外なバトル、全ての要素がハイレベルで、魅力という魅力を掻き集めた「DCの最高傑作」と呼ぶに相応しい映画だと思います。

BILLY’S映画レビュー 映画【アクアマン】ネタバレ無し&余談ありレビュー

従来のDC映画はネチネチ陰キャラ闇属性な映画だったのに対し、本作は光しかありません。まるでJAMP漫画の主人公のように、強ぇ奴見るとワクワクスッゾ!な神々が戦い、隙あらば爆発させるお祭り映画でした。というよりかは、実質、アクションに特化した《浦島太郎》である。

CHE BUNBUN 『アクアマン』冗長さはいつものDC映画だけれども…竜宮城さながらのもてなしに満足することだろう

~”ジェイソン・モモアのパフォーマンスは素晴らしいが、残念ながら内容とアンビエンスがイマイチ付いて来れていない”~
~”何度もヒーロー映画で観た事があるシーンを切り取ってアレンジして繋ぎ合わせた様な、典型的で目新しさに欠ける作品”~

FILM TALES 『アクアマン』は可能性を感じさせるも、評価できないCGiと陳腐な演出が目立つ惜しいヒーロー映画

タイトルとURLをコピーしました