映画『暁に祈れ』クチコミ

『暁に祈れ』概要

【ロッテントマト驚異の96%髙評価!】映画『暁に祈れ』12月8日(土)全国ロードショー【絶望を越えろ!】

あらすじ

タイでドラッグ中毒になってしまったイギリス人ボクサーのビリー・ムーア(ジョー・コール)は、警察の家宅捜索を受けて逮捕され、刑務所に収監される。汚職、殺人、レイプが公然と行われている劣悪な刑務所で、死の危険にさらされたビリーは、所内に設立されたムエタイチームの門をたたく。懸命にムエタイを習得することで、彼はこれまでの自堕落だった自分と決別し、生きる希望を見いだす。

シネマトゥデイ
タイトル暁に祈れ
原題A Prayer Before Dawn
上映開始日2018年12月8日
原作ニック・ムーア
『A Prayer Before Dawn
: My Nightmare in Thailand’s Prisons』
監督ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
キャストジョー・コール
ヴィタヤ・パンスリンガム
ポンチャノック・マーブグラン 他
公式サイトhttp://www.transformer.co.jp
/m/APBD/

© 2017 Meridan Entertainment Senorita Films SAS

『暁に祈れ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

面白かった!人権なんてありゃしないタイの刑務所の地獄っぷりと、そこでムエタイを覚えて、なんとか這い上がろうとするビリー。
ムエタイが内なる怒りを解き放ち、ビリー自身が目覚める夜明けを迎える。
その力強い成長に感動した

とにかく映画が好きなんです【本館】 「暁に祈れ」地獄で祈り続けた先には、必ず夜明けがやってくる!タイの刑務所に服役したイギリス人ボクサーの実話を映画化。ジョー・コール主演映画【感想】

本作は“使われなくなった刑務所”で“元・囚人”たちを起用して撮影したことで、本物の刑務所ドキュメンタリーを観ているかのような圧倒的なリアリティがありまして。
~中略~
いつ何をされるかわからない緊張感が画面に漲っていて、ホラー映画のように怖いんですね

三角絞めでつかまえて 暁に祈れ(ネタバレ)

映画の大半はビリーが直面する過酷なシーンのみ。
ラストまでずっしりと重く、痛みと苦しみがまとわりつく物語です。
覚悟してご覧ください。
精神的にキツイ映画ですけれど、見応え十分な素晴らしい作品です。

シネマ・マーブル 衝撃の実話!映画【暁に祈れ】地獄を生き抜いたボクサーの物語。感想と解説

過酷な環境でもがくビリーの奮闘が描かれるわけだが、ビリーのどうしようもなさにあまり感情移入できない部分もあって、そんなに楽しめなかったなぁ。

人生半降りブログ 映画 暁に祈れ ネタバレ感想 異国の刑務所でムエタイに励む男の、実話をもとにした物語

正直な感想を書くけど・・・
おもろなかったです。
~中略~
エンターテイメント的な演出はほとんど無し、凝った映像も派手な演出も盛り上がるような音楽もほとんどなく淡々と話が進んで行きました。

MAX真吉の中年真っ只中~! 「暁に祈れ」感想(ネタバレあり)

タイトルとURLをコピーしました