映画『アクト・オブ・バイオレンス』クチコミ

『アクト・オブ・バイオレンス』概要

「アクト・オブ・バイオレンス」予告編

あらすじ

デクラン(コール・ハウザー)とブランドン(ショーン・アシュモア)は、弟のローマン(アシュトン・ホームズ)の婚約者を誘拐した組織と銃撃戦になる。負傷した彼らが家に戻ると、ブランドンの愛妻が惨殺されていた。復讐(ふくしゅう)を誓う彼らに、同じ闇組織を追う捜査官エイヴリー(ブルース・ウィリス)が協力することになり……。

シネマトゥデイ
タイトルアクト・オブ・バイオレンス
原題Acts of Violence
上映開始日2018年3月3日
監督ブレット・ドノフー
キャストブルース・ウィリス
コール・ハウザー
ショーン・アシュモア 他
吹き替え内田直哉、岩崎洋介、西山慎哉 他
公式サイトhttps://warnerbros.co.jp/home_entertainment

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

『アクト・オブ・バイオレンス』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

全体的にテレビ映画っぽいなーって思ったし、途中若干ゴチャゴチャしてる部分もあったけど、銃撃シーンもど派手で90分と程よい長さなので、(ウィリス主演ではないけど)アクション映画として、まぁまぁ楽しめましたねー。

今日観た映画の感想 ブルース・ウィリス最新作(主役とは言ってない)「アクト・オブ・バイオレンス」(2018)

家族愛、退役軍人のヒーローぶりを恥ずかしげもなく全面に押しだして、中二病全開のブルースとハウザーにこっちが赤面しながら楽しむ作品です。

ミセスGのブログ 【アクト・オブ・バイオレンス】映画の感想:ブルースウィリスとコールハウザーの中二病

タイトルとURLをコピーしました