映画『30年後の同窓会』クチコミ

『30年後の同窓会』概要

あらすじ

男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だったミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。
2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。
バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われるなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かう――。
30年前に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

映画『30年後の同窓会』公式サイト
タイトル30年後の同窓会
原題Last Flag Flying
上映開始日2018年6月8日
原作ダリル・ポニクサン
『Last Flag Flying』
監督リチャード・リンクレイター
キャストスティーブ・カレル
ブライアン・クランストン
ローレンス・フィッシュバーン 他
公式サイトhttp://30years-dousoukai.jp/

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

『30年後の同窓会』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

3人のベテラン俳優たちの演技、リンクレイター監督の味わい深い語り口によって、単なる旧友再会映画とは違う魅力を持つ作品になっている。感傷や郷愁はもちろん、それ以外にも様々な余韻が感じられるはずだ。まさに熟成した味わいを持つ映画である。

映画貧乏日記 「30年後の同窓会」

クソみたいな真実や正論よりも、優しさを選択する、あのブライアンクランストンがこの映画のハイライトかなぁと思います。しみじみといい映画でした。

そーす太郎の映画メモ(ネタバレあり) 【映画感想】「30年後の同窓会」

脚本と監督を務めた、リチャード・リンクレイターが、喜怒哀楽の全ての要素が詰まったストーリーをうまく組み立てています。演技派の3人がメインキャストを務めたのも、成功の要因でしょうね。

映画でbreak! オレ・モカ 【30年後の同窓会】ただ、友のために。

リチャード・リンクレイターの映画だから取るに足らない凡人の営みからアメリカを浮かび上がらせようっていう、やっぱそういう映画だったとも思いますね。

映画にわか 弔いロードムービー『30年後の同窓会』の感想文(ネタバレないとは思いますが)

全体的にボンヤリとした描き方で、イマイチパンチが足りず、心に刺さるって程でもなかったのが残念なところだった。

とにかく映画が好きなんです【本館】 「30年後の同窓会」30年ぶりに再会した友人たちとのロードムービー。変わりゆく社会と変わらない友情。息子が引き合わせた理由。スティーヴ・カレル主演映画【感想】

口が悪くて無礼で空気が読めないサルをリチャードが牧師だけに説教している横で、ドックが物静かに佇んでいるのが延々と最後まで繰り返され、何の映画だったんだっけと思ったまま終わります。

ミセスGのブログ 【30年後の同窓会】映画の感想:コンセプトはOKだけど退屈だった…

タイトルとURLをコピーしました