映画『ライオン・キング(2019)』クチコミ

『ライオン・キング』概要

「ライオン・キング」日本版本予告

あらすじ

命あふれるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン〈ムファサ〉に、息子〈シンバ〉が誕生する。だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。

映画「ライオン・キング」Disney公式
タイトルライオン・キング
原題The Lion King
上映開始日2019年8月9日
監督ジョン・ファヴロー
キャストドナルド・グローヴァー
ビヨンセ・ノウルズ=カーター
JD・マックラリー 他
吹き替え賀来賢人、門山葉子、熊谷俊輝 他
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/movie/
lionking2019

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『ライオン・キング』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

ホントね何も知らずに観たら、え?これ本物なの?どうやって調教したの?なんていう人も出てくることるんじゃないかってくらい動きも背景もリアルです。
それだけ見たさに行っても全然元が取れる圧倒的映像美な映画だったと思います。

モンキー的映画のススメ 映画「ライオンキング(2019)」感想ネタバレあり解説 話は同じだが超実写と言われるだけはある。

アニメーション版よりも超実写版が優れているところは物語が伝えるメッセージをより強く受け取ることができることだと感じました。

映画の虜 映画【ライオン・キング】ネタバレあらすじ!アニメを超えた!? “超実写版”感想レビューも

ディズニーがフルCGで再現した映像がもう圧巻としか言いようがありません。
リアルベースで作られた動物だけでドラマを展開するなんて普通に考えれば無理な話なんですが、それを技術とアイデアで可能にしてしまったところが凄いですよね。

nagamovie 【ネタバレあり】超実写版『ライオンキング』感想・解説:原作完コピに近いリメイクの持つ意義とは?

完璧な実写化
冒頭のミュージカルシーンは鳥肌モノ!(またミュージカルで生歌聴きたい!)
ドナルド・グローバーの最初の違和感はなんだったんだ
スカー、そしてプンバァとティモンの存在感

ぬこタイ 『ライオン・キング』ファン必見の完璧な実写化(ネタバレなし感想)[映画感想: 042]

アニメ版では表現しきれなかった大自然の中で成長していくシンバの姿がリアルに描かれており、大人にこそ観て欲しい作品だと思いました。
確かにディズニーファンとして、ところどころ残念に感じてしまう部分はありましたが、駄作であるとは1ミリも感じませんでしたね。

一人暮らしのちんあなご先輩。 【実写版ライオンキング】吹替で観た感想、冒頭から鳥肌モノ!

超実写版でスケールが増したことで、より壮大な生態系を描き切ることができており、見事なパワーアップじゃないでしょうか。
大まかなストーリーは同じなので物語面の新鮮さは薄いでしょうけど、まあ、変えづらいでしょうからしょうがないのかな。

シネマンドレイク:映画感想&レビュー 『ライオン・キング(2019)』感想(ネタバレ)…超実写版と本物の動物はどう違う?

いやー面白かったね。やっぱりディズニーの実写映画はなつかしさに訴えかける系の方がいい。たまに思い出をぶち壊す系の実写版もやるから心配なんですよね。

DYOBLOG ネタバレ感想【ライオンキング】実写版には “あの名シーン” がない!

再現されすぎていて実写化する意味があったのか?と疑問は残りましたが、こういったシンプルなテーマは時代が進むにつれて忘れ去られて行くものです。複雑なものより、やっぱり多少は楽しく、そしてわかりやすいものの方がいいのではないでしょうか?”大事なメッセージは風化させてはいけない”そういった意味では、定期的に過去の名作を復活させる手法は間違っていないのかもしれませんね。

架空のアニソンシンガーMAGUMAの「人生はアニソンだ」 超実写版『ライオン・キング』ネタバレ感想・レビュー

技術面での驚きはあるものの、それが作品全体の魅力を押し上げた、あるいは新たな魅力を採掘したとまでは言えない結果になってように思う。どれだけリアリティを凝らしても、表現力で魅せていたアニメ版には及ばないとなってしまう。

ワタリドリの手帖 超実写というだけはあるが、その意義は感じにくい『ライオン・キング』レビュー【ネタバレ】

「アニメ映画を実写化することがプラスに働くとは限らない」。私の中でアニメ映画について様々考えさせてくれるきっかけをいただいた作品でした。
ここにアニメ映画の存在する一つの価値があるのではないかと、いい意味で教えてもらいました。

せつなのおと〜アニメ映画館〜 【IMAX3D】ライオンキング レビュー

一本の作品として捉えた場合は非常に残念な作品であったけれども、超実写の技術力を世界に知らしめたという点で言えば大成功だったのではないでしょうか。

映画だらけのオレンチ 【ネタバレあり】『ライオンキング』感想:─リメイクと実写化に求めるものとは─

魔法の世界を描いてきたディズニーがリアルな映像を追求した結果、元の作品にあった魔法がごっそり削られてしまったような作品です。
この映画を成立させるのってかなり難しいと思うんですよ。リアルな映像を追求して、カタルシスのあるミュージカルシーンを作るのって、人間ならまだしも動物たちが主人公だと不可能だと思うんですよ。

Movie Traveler つまらない?『ライオン・キング』(2019実写)・評価&感想を正直に

実写映像で映画を作ることでアニメーションでは許されていた表現が使えなくなるというジレンマはどうしても生じていました。
そのため「アニメーションが持っていた情緒」はどうしても犠牲になっています。

Miyakawa Blog 映画「ライオン・キング(実写版・2019)」感想・レビュー(高い技術力とCGによる実写化によりトレードオフとなったもの)

タイトルとURLをコピーしました