映画『ダンボ』クチコミ

『ダンボ』概要

映画『ダンボ』日本版予告編

あらすじ

ディズニーとティム・バートン監督が、オリジナル脚本で贈る新たな「ダンボ」の物語。“大きすぎる耳”を持つ子象のダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す!自分のため、母に会うため、大事な仲間を救うため、ダンボは勇気を振り絞る。ひとつの勇気が、自分を、まわりを動かす、感動のファンタジー・アドベンチャー

映画「ダンボ」Disney公式
タイトルダンボ
原題Dambo
上映開始日2019年3月29日
原作ヘレン・アバーソン
ハロルド・パール
監督ティム・バートン
キャストコリン・ファレル、エヴァ・グリーン
マイケル・キートン 他
吹き替え西島秀俊、沢城みゆき、井上和彦 他
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/movie/
dumbo.html

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

『ダンボ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

めちゃめちゃ良かった。きちんと作られている作品というのは本当にいいものなのだなぁ。まだ保育園やぎりぎり小学校低学年位の子供がいるなら是非一緒に鑑賞したかった。いや鑑賞すべきでしょう。大きなお世話だが、若いお母さんには幼い子供と共に観ることを強くお勧めする。

ここなつ映画レビュー 「ダンボ」

とにかくダンボの動く姿の全てが可愛い映画でした。ストーリーは単純で分かりやすくダンボが頑張る姿に励まされるような話で、彼が空を飛ぶ姿には何度か感動させられました。少し分かりやす過ぎる気もしました。

ササキの映画感想日記 映画「ダンボ」の感想、あらすじ

実写版は賛否が分かれる非常にシビアなジャンルです。
実写版とアニメ版どちらも違った良さが無くてはならない。
実写版を観てアニメ版をみたくさせるようにしなければない。
アニメ版よりも劣ってはならない。
この3つはまず絶対条件です。
今回この実写版ダンボは全ての条件を満たしてる上メッセージ性も感じました。

〜アウトンの悩める全ての人へ祝福を〜 【実写版ダンボ】 レビューしちゃいます!

個人的にアニメ版に感じた「ダンボにとってサーカスのスターであることは幸せなのか?」というもやもやを解消してくれたので満足です。

キネマ・アイランド 大きな耳がみんなを救う。『ダンボ』感想。

ダンボという映画は、子どもたちに対する「人生は努力と勇気」を教える映画と共に、「真の家族の在り方」について学ぶことのできる道徳の教科書のような作品でした!
ただ1つ残念なのがダンボが可愛くないどころか怖いということです。

一石二兎のあながちMOVIE 【ネタバレ注意】ダンボ実写を観た感想 肝心のダンボが可愛いとは言えない上に怖い! でも最高に心温まる映画

内容はカオスだし、ちょっと怖すぎて子供に見せられない作品。
ストーリーは正直ほとんどない上、薬物幻覚のシーンで一時間の上映のうち5分とっているため最後の特急感が面白いです。

黒髪公民館 映画ダンボはカオスすぎるし、ストーリーもくそもないけど、僕はゾウが好きだからダンボも好き。【感想】

子供ならたぶん見てて楽しめる映画ですが、ディズニー映画を多く見てる人やアニメ版「ダンボ」を見てて好きだという人はこの映画は納得しないかなと思います。ただ良い部分もあって、やはりだんだんダンボが可愛く見えたり応援したくなるという部分はこの映画一番の強みなのかなと思います。

KOUTAの映画DASH!! 映画『ダンボ』飛べねぇ象はただの象だ。評価&感想【No.560】

映画の内容ですが、良くも悪くもディズニーでした。
いい点から挙げますと、子供でもわかりやすい簡単な内容だと思います。
その反面、深さがまったくないような感じ。よくある展開ばかりで新鮮さがない。
子供が見たら楽しめると思います。
大人には物足りなさが目立つかもしれません。

もっちゃんのシネマライフ 映画「ダンボ」感想/評価! あの愛されるダンボがついに実写化!

ダンボをメインに描いているかと思いきや、エゴに塗れた汚い人間達のつまらないやり取りを嫌という程見せ付けられ、退屈すぎて途中ウトウトしてしまいました。
私が見たかったのはそんな人間達のお話ではなく愛くるしいダンボだったので、これじゃない感は非常に強く、本作に限っては実写化したことすらも疑問を感じる。

BILLY’S映画レビュー 映画【ダンボ】ネタバレ無し&余談ありレビュー

超問題作だと思う。
ディズニーファンはもれなく全員見て、みんなで意見を交わしたい作品だ。
僕は「ヴィラン=ウォルト・ディズニー」にしてしまった本作の評価を下げようとは思わないし、純粋に「こんなことをやってしまうのか!!」と感心してしまった。
大問題作というのは「ディズニー映画がこんなことやっちゃうなんて、すげぇ尖ってない!?」というところだ。映画自体がもっと面白かったらもっと良かったけど。

生きていくなんてわけないよ ディズニー史上最もありえない大問題作、実写版『ダンボ』がぶち壊してしまったものとは。

タイトルとURLをコピーしました