『天気の子』クチコミ

『天気の子』概要

映画『天気の子』15秒予報1篇

あらすじ

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

映画『天気の子』公式サイト
タイトル天気の子
上映開始日2019年7月19日
原作・脚本・監督新海誠
音楽RADWIMPS
キャスト醍醐虎汰朗、森七菜、小栗旬、本田翼
制作コミックス・ウェーブ・フィルム
公式サイトhttps://tenkinoko.com/

(C) 2019「天気の子」製作委員会

『天気の子』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

花火のシーンでは都心の上空に打ちあがる花火の閃光とビルや道路を走る車のヘッドライトの光の共演は息を飲むほど美しく表現されています。
また、花火によって生まれる硝煙をあえて描くことでリアリティを感じさせたり、細かなところまで描きこまれている印象を受けました。

Cinemarche 【天気の子】あらすじネタバレと感想!

今作は「2回目」にこそ光輝く。瑞々しく大胆な感性と確かな演出力により丁寧に織り上げられた新海監督「第二の傑作」

アニメとゲームの感想帳 【ネタバレ配慮】映画レビュー『天気の子』感想・評価・見どころ

監督自身が賛否両論って言うんだから、よほど人を選ぶストーリーなんだろうと。ぜひ私向きに、賛否の賛の方の感想を持てる作品であってくれと願っていたワケなんですが…。
さぁ、蓋を開けてみれば意外にも万人受けするものでした(笑)

今日も映画ですか? 映画『天気の子』ネタバレ感想 陽菜さん、俺の心も晴れさせてください!

私にとってはこの作品はとにかく「ひどい」作品だったと感じた。「というかこれ物語なの?」と。
~中略~
それでも、私はこの作品かなり好きだ。この作品は新海誠でないと作れない作品だったと思う。

頭の上にミカンをのせる 「天気の子」感想 とてもひどい作品だったけど、でもこれでいいのだ

新海誠最新作『天気の子』は身も蓋もなく言えば、「東京」の映画だ。「東京」と「新海誠」の関係は過去の作品群を振り返っても明らか。時に憧憬として、時に焦燥として、そして交差する場所として扱われている。もしかしたら、新海誠という人を映す鏡のような場所なのかもしれない

boogyman’s memo 東京、選択、反射――『天気の子』感想

映像と音楽が綺麗過ぎて感動しました。
また、君の名は。同様、テンポ感もよかったです。2時間があっという間でした。
ストーリーとしては一貫して男女の関係にスポットを当ててたのかなと感じました。
天気を変える能力も突然の家出も拳銃も、単なる装飾品だと割り切って見れば面白かったです。
大衆向け路線が定着していて観やすかったです。

アイマスきざはしブログ 天気の子ネタバレ感想【新海誠】

ストーリー面ではこれ以上のない「セカイ系」全力全身な映画だった『天気の子』。話運びも人間関係も“まあ、そうなるよね”という着地からはみ出ないので、衝撃の結末みたいな煽り文句でデコレーションする映画でもないし、好きな人は好きだし、苦手な人は苦手、そんな受け取られ方をする作品です。これは『君の名は。』と同じ。

シネマンドレイク 『天気の子』感想(ネタバレ)…傑作?駄作? 評判はさておきまずは映画館へ

朝一で『天気の子』を観てきたんですが、とても深く心を揺さぶられる映画でした。
色々と超展開は多かったけれど、いま観ることができて本当に良かったと思います。
愛にできることはまだあるはず。

行雲流水 新海誠『天気の子』ネタバレ感想&解説考察 / 世界の秘密をめぐる新しい時代のボーイミーツガール!

全体的にうまくまとまって面白い映画だったと思います。全てが綺麗に終わるお話ではないので、その辺りは色々と考えさせられる部分が多いです。

メタルボックススタッフブログ 『天気の子』感想

「君の名は。」とは全く違った作品。
あえて「君の名は。」という作品に反対を唱える。
この世界の形が2人を通して変わっていく、
そして、その変わった世界と2人がどう向き合い生きていくかという映画

Darablog 映画【天気の子】感想・レビュー 新海誠監督最新作は【君の名は。】を超えるのか!? – ネタバレなし –

タイトルとURLをコピーしました