映画『スモールフット』クチコミ

『スモールフット』概要

BD/DVD/デジタル【予告編】スモールフット 2.13リリース デジタル同時配信

あらすじ

人里離れた雪深い山頂に住む、大きな体で心優しきイエティのミーゴ。おっちょこちょいで臆病な彼は、ある日偶然にも小さな足の伝説の生物“スモールフット(=人間)”と出会う。しかし、誰も信じてくれないばかりか、嘘つきだと、村の掟オキテを守る最長老ストーンキーパーから村の追放を言い渡される。「雲の下には不思議な世界が広がっているのよ」というミーチーの言葉を信じたミーゴは、真実をつきとめるため伝説のスモールフットを探す冒険の旅に出る―。
見たことのない広大な世界で途方に暮れるミーゴの前に突然、スモールフットが出現する。彼の名はパーシー。ミーゴは、あまりの嬉しさに明るく話しかけるが、その大きな声や姿をひと目見て、あまりの恐怖に気を失うパーシー。しかし、パーシーが偶然撮影したイエティ発見動画が瞬く間に拡散されてしまい…。イエティと人間を巻き込む大騒動はいったいどうなるのか?

映画「スモールフット」公式サイト
タイトルスモールフット
原題Smallfoot
上映開始日2018年10月12日
監督キャリー・カークパトリック
キャストチャニング・テイタム
ジェームズ・コーデン
ゼンデイヤ 他
吹き替え木村昴、宮野真守、早見沙織 他
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp
/smallfoot/

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『スモールフット』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

互いを未知の生物扱いしているイエティと人間の交流をコミカルに描きながら、後半にになるにつれて、変化を是とするべきかや、大衆の幸福と真実が天秤にかけられるなど重い命題に挑むという、ライトな笑いから深ーい物語までを網羅する見事な作品です。

アニメ映画情報ブログ【 ねじまき恋文のヤブレター 】 【スモールフット】の感想。大傑作降臨!ワーナーが斬り込むビッグフットの物語!

優等生的にあらゆる出来事がひとつの教訓的なテーマに結びついていく。すれ違いを活用したギャグや冒険の中で起きるスラップスティック、そして説明を説明たらしめないミュージカルのおかげで、まったく退屈を経ることなくエンドクレジットまで見ることができた。

ワタリドリの手帖 分断から交流までを描いた社会派喜劇アニメーション『スモールフット』レビュー【ネタバレ】

雪男と人間の異種間交流から単に友情ものにするのではなく、さらに種族間の問題にまで発展させ、エピソードの積み重ねで相対する視点を認識させつつ、それを収束まで持っていく。素晴らしいストーリーテリングです。

キネマ・アイランド 嘘の庇護と真実の優しさ。『スモールフット』感想。

可能な限り客観的に見ても異文化交流ものの大変よく出来た素晴らしい映画に思うが、こんなのもう個人的な記憶が色々去来してきちゃって琴線がはち切れるから冷静に見れないよ。
満点超えのスーパー満点だ。最高に次ぐ最高でマジ涙腺決壊だったな『スモールフット』。

映画にわか 最高系UMAコメディ『スモールフット』を見た!(ネタバレないよ!)

全てがハッピイエンドで収まる。アニメ映画?(この種の分類を知らないのでこう呼ばせてもらう)。ならではだと思う。幸せ気分を味わい人向けの映画だ。

シニア映画館 映画「スモールフット」をおじさんが観てみた

タイトルとURLをコピーしました