『プロメア』クチコミ

『プロメア』概要

映画『プロメア』第一弾PV 制作:TRIGGER

あらすじ

燃え上がるのは世界か、魂かー。

全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、
突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の出現だった。
あれから30年――攻撃的な一部の面々が〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。
対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロと
〈マッドバーニッシュ〉のリーダー・リオ。
熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は――。

映画『プロメア』公式サイト
タイトルPROMARE
上映開始日2019/5/24
原作TRIGGER・中島かずき
監督今石洋之
主題歌Superfly「覚醒」「氷に閉じ込めて」
キャスト松山ケンイチ、早乙女太一、境雅人
制作TRIGGER
公式サイトhttps://promare-movie.com/

©TRIGGER・中島かずき/XFLAG

『プロメア』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

今までにないアニメを作ってやろうという気概が感じられて、非常に充実した111分を味わうことができた。アニメーションらしい現実離れしたビジュアルの数々に魅了され、何度でも劇場に足を運びたくなっている。

ワタリドリの手帖 天を衝く完全燃焼アニメーション『プロメア』レビュー【ネタバレ】

「火消し」の気合と生き甲斐ココにあり!
TRIGGERの鮮烈なアニメが爆発!
今石監督の怒涛疾走なアクションと、
中島かずきの猪突猛進な物語脚本!
動き出したら止まらない
熱く燃え上がる魂が最高の興奮を引き出す!

メモスト 【アニメ映画】『プロメア』:炎上必至の歌舞伎活劇!熱い火消の纏を掲げ、鋭い見得を切る!

まず端的に言えるのは、『プロメア』が好きな人は『天元突破グレンラガン』と『キルラキル』は好きだと思いますし、逆に『天元突破グレンラガン』と『キルラキル』が好きな人は絶対に『プロメア』に熱くなれると思います。
一方で、『天元突破グレンラガン』や『キルラキル』がそれほど好きではない、気に入っていないという方は、おそらく『プロメア』についても同じような評価になることでしょう。
今回の『プロメア』はとりわけ『天元突破グレンラガン』シリーズへの目くばせが多かったように思いますが、今作って言わば「ファンムービー」なんだと思います。

nagamovie 【ネタバレあり】『プロメア』解説・考察:歌舞伎的「型」が息づく最高のファンムービー

全体的に淡い色で美しく描かれており、ビビットな色はあまり使われていない。
映画のコンセプトとなっている”炎”は、淡いピンク、ブルー、イエローという独特の色彩で、三角や四角の集合体で表現していて、他のアニメとは違う独特な世界感を感じられる。
ただ、色のメリハリが弱くて、戦闘シーンの早いカメラワークになると、キャラクター(ロボ)と背景が同化してしまい、見づらい印象を受けてしまったのは残念ポイント。

MacDesign.work 劇場アニメ『プロメア』感想| これを待ってた!期待を裏切らない熱さ【若干ネタバレあり】

全体的には今石洋之 × 中島かずき作品のお約束を詰め込んで2時間でまとめた感じという印象でした。
好きな人は絶対に好きなやつですね。
だがしかし、グレンラガンやキルラキルは2クールで積み上げたストーリーを最終決戦の正義パンチで一気にひっくり返すのが気持ちよかったというのがありましたが、プロメアではさすがにストーリーまでのめり込める時間はなかった気がしました。

アイマスきざはしブログ プロメア感想〜よかった点わるかった点〜

今回の結論としては「画は凄いけど、映画作品としては面白くない」です。
今作「プロメア」はどうしても「TV放送を想定した設定とキャラの盛り込み」と「2時間作品としての割り切り」がどっちつかずの、中途半端に終った感が否めません。
ただ完全オリジナルで、しかもテレビ放送も経ずに上映という挑戦は素晴らしいです。今後もそういう作品は見たいと思います。

Movienians.com 【55点】プロメア”不完全燃焼” 面白くなかった理由と感想レビュー【ネタバレあり】

タイトルとURLをコピーしました