『パンドラとアクビ』クチコミ

『パンドラとアクビ』概要

映画『パンドラとアクビ』予告映像解禁!(2019年4月5日順次ロードショー)

あらすじ

【前編】
灼熱の太陽が照りつける荒野を進む《パンドラ》と《アクビ》。
2人はあちこちに飛び散ってしまった、世界を滅ぼす力を持つといわれる“災いの欠片”を探すため、この世界に降り立った。
一方、ギャングがはびこるスリーホークスタウンの保安官《三船 剛》は、日々、街の平和を守り続けている。
子供の頃に抱いていたレーサーになる夢を捨てて働く彼だったが、そんな姿が、なじみの店のウェイトレスである《ルイーズ》には少し気がかりなようで……
荒野を歩き疲れたパンドラは、アクビに“お願い”し、魔法の力でスリーホークスタウンへひとっ飛び!
そこで偶然出会った剛とルイーズに“災いの欠片”探しの手伝いを依頼するのだった。

【後編】
世界を滅ぼす力を持つといわれる“災いの欠片”を求め、 新たな目的地を目指す《パンドラ》と《アクビ》。
太陽が降り注ぐ荒野から一転、今度は吹雪が吹き荒れる極寒の大地をひた進む。
だが、《ぜつぼうくん》はカチコチに凍り、アクビは寒さと疲労のあまり眠りに落ちてしまった。
必死に彼らを起こそうとするパンドラも次第に睡魔に抗えなくなってきて、 ウトウトとその場に倒れこんでしまう。
そこに奇妙な影が近づいてきて・・・
「か、怪獣ドラぁ!」
ヘンテコな寝言とともに飛び起きたパンドラは、自分が見慣れない部屋にいることに気づく。
そこは村一番のハンターである《カンタ》が住む山小屋であった。
終わることのない冬に閉ざされてしまった世界を舞台に、再び“災いの欠片”探しの旅が始まる。

映画『パンドラとアクビ』公式サイト
タイトルパンドラとアクビ
上映開始日2019年4月5日
原作XFLAG
監督曽我準
主題歌Shiggy Jr.
キャスト小倉唯、天城サリー、甲斐田裕子
制作BAKKEN RECORD
公式サイトhttps://dora-bi.com/

©XFLAG ©タツノコプロ

『パンドラとアクビ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

前後編ともにタツノコ初期のキャラクターがその世界の住人として登場します(知ってる人は気づくし知らない人も違和感なく観れる!)
全体としては土日の朝7時台にやっていそうなゆるい雰囲気ですが、前後編ともにしっかりテーマ性を持って完結させてるのは良いなと思いました。

たっぷのガラクタ置き場 パンドラとアクビを観てきた

ここだけの話、期待値で言ったら原作もよくわかっていませんし、完全に声優ファンが見るためのアニメ。くらいの感覚でいたので、低かったんですが(殴)
いざフタを開けてみたら、普通に面白かったです。
タツノコプロが大きくかかわっているということで、タイトルのアクビちゃんを筆頭に、結構いろんなキャラクターが登場するので、知っているキャラクターが出てくるとなんだか嬉しくなりましたね。

文学少女もこきゅんの日常 「パンドラとアクビ見てきたよ!」

タイトルとURLをコピーしました