映画『二ノ国』クチコミ

映画『二ノ国』概要

映画『二ノ国』本予告【HD】2019年8月23日(金)公開

あらすじ

頭脳明晰で、心優しい秀才のユウ。
バスケ部のエースのハル。
そしてハルの恋人コトナ。
同じ高校に通う幼なじみの3人は、かけがえのない親友だった。突然の事件が起きるまでは—。
ある日突如ユウとハルが迷い込んだ見知らぬ場所、そこは想像を超えた魔法の世界「二ノ国」。現実(一ノ国)と隣り合わせにある、この美しく不思議な世界で、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会う。どうやら二ノ国には、一ノ国と命が繋がっている”もう一人の自分”がいるらしい。
アーシャ姫に死の呪いがかけられたことをきっかけに、ユウとハルはふたつの世界に残酷なルールがあることを知る。二ノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を払うことになるというのだ。
そして二ノ国ではアーシャ姫が、一ノ国ではコトナが、死の呪いにかけられていた—。
ふたりの彼女、救えるのはひとつの命—。
明るくけなげなアーシャ姫を守りたいユウと、コトナを助けたいハルに突き付けられた残酷なルール。ふたりが下した<究極の選択>とは—。

映画『二ノ国』オフィシャルサイト
タイトル二ノ国
上映開始日2019年8月23日
原作レベルファイブ
監督百瀬義之
主題歌須田景凪「MOIL」
キャスト山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁 他
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/

©2019 映画「二ノ国」製作委員会

映画『二ノ国』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

冒頭からこの世界を好きになれない、ずっと入り込めないから設定の雑さが気になってしまい、減点方式のアラ探しの鑑賞体験になってしまうのだと思う。しかし、愛する人のため、本当に大事な物のためにすべてを捨てて戦おうとする人の姿は、いつなん時も美しいと思う。だからこの映画は好き。

映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫) 「二ノ国」感想

ラストは想像してなかったので、ちょっと、おお!ってなったけど、別に感動もせず。
でもまあ、実写で映像化されるより、アニメで良かったのかな。
もうちょっと深く作ってたら、もっと良かったのにと思う。

roninの映画レビュー&けっこう当たる興行成績予想ブログ 「二ノ国」を観た。

感想を端的に言えば「ドラクエ並なんて笑えない、障害のある子供、親のいない子供には絶対に観せたくない、不愉快な映画だった」と思っています。
障害者を馬鹿にしている、なんてネタバレ感想が公開前から出回っていて「酷い」と思っていましたが、今はその気持ちが良く分かります。
教育団体かどこかから苦情が来てもおかしくないし、映画館帰りは不愉快過ぎて泣きそうになりました。

EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー 映画 #二ノ国 ネタバレ感想~ドラクエ並なんて笑えない酷いアニメ

典型的な夏休み映画だった
小学生がお父さん、お母さんと一緒に映画館に行き『二ノ国』を観て、帰りにファミレスでも寄ればひと夏の思い出になるでしょう。
うん、まぁそれだけだよね。もう大人になってしまった私はこの映画じゃときめけない。

今日も映画ですか? 映画『二ノ国』ネタバレ感想 ジブリっぽいアニメだけど中身は別物だった

どうしよう……結論から申し上げますが、今年ぶっちぎりワースト候補の映画、いやアニメ映画という括りではこの世でいちばん大嫌いな映画に出会いました。

カゲヒナタ映画レビュー 『二ノ国』がアニメ映画史上に残る何かになった理由を10000字以上かけて全力解説する(ネタバレなし+ネタバレ感想)

プレイヤーが数十時間もエンゲージすることになるゲームを原作としているとあって、100分程度にまとめるというのは、それだけでも無理難題だったことは想像に難くない。『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はそうしたゲームの映画化を考慮した筋書きになっていたが、こちらの作品はゲームの設定をそのまま映画に落とし込んだような雑さが随所に表れていて、かなり歪な形になってしまっている。

ワタリドリの手帖 ゲームの設定をそのまんま映画の脚本にしたらこうなるという好例『二ノ国』レビュー【ネタバレ】

タイトルとURLをコピーしました