『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』クチコミ

『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』概要

「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」劇場本予告(90秒ver.)

あらすじ

浦の星女学院のスクールアイドルとして参加する最後の「ラブライブ!」で見事優勝を果たしたAqours。
新たな学校への編入の準備を進める2年生、1年生の前に、想定外のトラブルが連発!?
さらに、卒業旅行へ向かった3年生が行方不明に!?
離れ離れになって初めて気づく、お互いの存在の大きさ。
新しい一歩を踏み出すために、Aqoursが辿り着いた答えとは——?
みんなで目指した輝きのその先へ!
未来へはばたく全ての人に贈る、最高のライブエンターテインメント・ムービー!

「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」公式サイト
タイトルラブライブ!サンシャイン!!
The School Idol Movie Over the Rainbow
上映開始日2019年1月4日
原作矢立肇
監督酒井和男
キャスト伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか
制作サンライズ
公式サイトラブライブ!サンシャイン!!

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!! ©2019 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!ムービー

『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

『Over the Rainbow』。もう…ほんとね。なんかこう、上手く言葉に表せない程良い映画でした。
やっぱりAqoursって最高ですね!

エフライの感想記 感想《ラブライブ!サンシャイン‼︎ The School Idol Movie Over the Rainbow》0から1へ、そして1からその先へ。千歌達Aqoursが出した答えとは

間違いなく「ラブライブ!の映画」でした。
間違いなく「The School Idol Movie」でした。
心から、「良い作品だった」と思えます。
まだ劇場へ行けていないという方は、是非お楽しみにしていただければと思います。

大好きはもうかくさないブログ 劇場版ラブライブ!サンシャイン!! 初日感想

まず総合的に見ればとても面白い映画でした。
アニメよりはるかにポップでキャッチーでありながら締めるところは締めている点、またアニメとは違う点を見せながら「ラブライブ!」から受け継がれた「ラブライブ!サンシャイン‼︎」の物語の続きをきちんとやっているなという印象でした。一度見た時「ちゃんとした作品でよかった…」と安堵しました。

「好き」の力信じて 映画「ラブライブ!サンシャイン‼︎The School Idol Movie Over the Rainbow」感想 “気づき”の物語

スクールアイドルのライブは最高のエンターテインメントに昇華され、この映画のシナリオの根幹を担っています。そしてそこには、Aqoursや浦の星女学院だけの自己完結でなく、全ての人に訪れる出会いと別れ、そして未来へ向かって進んでいく人に対するエールが込められていると感じました。

ひだまりPはこう語った 【ネタバレ注意】劇場版ラブライブ!サンシャイン!! 感想-去りゆく者と残る者、大切な想いを伝える方法。

・アイドルの成長に感動!親心を感じられる!
・「スクール」アイドルならではの難しさを描き、ご都合主義にならなかった
・偉大な先輩μ’sが下した決断との違いに驚き!Aqoursならではの個性が感じられた

FILMEST 映画『ラブライブ!サンシャイン!!』のネタバレ感想・解説・考察!Aqoursの集大成を描くサンシャインシリーズの完結編

TV版からずっと思ってきましたが、サンシャインって描かなきゃいけないもの、ファンから期待されているものが多すぎるんですよね。
しかもそれらが多岐にわたりすぎていて、一本の筋道にまとめ上げるのは至極困難です。
結果、いろいろなサブストーリーが輻輳して進んでいくことになり、何回も視聴しないと味わいきれない作品になっていると思います。

オタク・オタク・オタク ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow 感想

映画の感想としては、ふつー、フトゥー
期待を上回ることは決してなく、たかを括ったあたりを下回ることも決してない。普通ど真ん中。
前作で脳を揺さぶってきたナイトメア描写もなく、かといって、純粋に優れた部分も少なく、それほど目くじら立てるほどの粗も少ないように感じました。
ただ残念だったのは、TVシリーズのクライマックスを超えるほどの感動はなかったところ。

過ぎし日のなおざり。 感想『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』

総評としては期待していたものよりかは結構下だった。
俺としては普通に本編の方が泣いたし、μ’sの映画と比べるとあざとさが足りない。
もっとあざといくらいに泣かせに来て欲しかった。

ふじさきゆうやのブログ 【ネタバレ注意】ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow の感想

総評としましては、現在放映中のどのアニメよりも華やかで可愛い、観て元気になれる作品だと思いました。
ただ、かつてμ’sのそこそこ熱心なファンだった自分からすると、気になってしまう点があったのも確かです。

感想文自由形。 映画「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」感想~μ’sファンの視点~

もちろん良い所もあったが、話の起伏が小さくてつまんなかった。
曲と曲の間も長くて退屈だったし、いちいち挟まるギャグのせいでテンポも悪く、中盤くらいで「長いな」と思ってしまった。
1期2期はなんだかんだ涙ぐんだシーンもちょくちょくあったが、それもなし。

School Idolにハマった人のDiary 【ネタバレ注意】Over the Rainbow見たので初見の感想【批判注意】

タイトルとURLをコピーしました