『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』クチコミ

『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』概要

タイトル 「LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-」劇場予告編第1弾(60秒版)

あらすじ

京都に”逆”転生した勇者たちと魔王の、過酷な戦い生活が今始まる……!?

祖母の駄菓子屋を継ぐため京都に引っ越してきた美大生・本天沼久美。
だが、空き家だったはずの駄菓子屋には、ハラミ・K・舞の三人と犬一匹が住み着いていた!

なんとハラミたちは魔王を追って、剣と魔法の世界からこちらの世界へ転生してきた勇者達だった!
しかし転生の影響で力を失った彼女たちは無一文で路頭に迷うこととなり、しかもリーダーの姫騎士アーネリアは犬の姿に変わり果てていた…

身寄りも常識もない彼女たちを追い出すこともできず、久美はおかしな仲間たちと同居することに。
元の世界での使命感からも解放され、平和な世界にも馴染み始め、それぞれが自由気ままに暮らしていたが、唯一、犬となったアーネリアだけが元の使命感を抱え心労が続いていた…
そんなある日、力を失い小学生になった元魔王・らんが彼女たちの目の前に現れ、こう告げた。

「私と一緒に魔王の欠片を集めてもらえませんか?」

劇場版オリジナルアニメ『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』公式サイト
タイトルLAIDBACKERS-レイドバッカーズ-
上映開始日2019年4月5日
原作おばけ屋
監督橋本裕之
キャスト日高里菜、茜屋日海夏、大地葉、内山夕実
長縄まりあ、花守ゆみり、福山潤
制作Studio五組
公式サイトhttp://laidbackers.com/

©おばけ屋/LAIDBACKERS製作委員会

『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

肝心の本編なのですが、大満足のボリューム感。
上映から速攻本編に入り、60分間ノンストップで展開されます。
体感ではもっと長い時間あった気がするほど。
基本的にはギャグ展開なのですが、魔王と解放軍、特に姫騎士アーネリアの葛藤などは他作品では見られなかったような気がします。
そんなオリジナリティとそれを活用したギャグは爽快で気楽に楽しめる作品になっていると思います。

あとりえのオタ活。 LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-

クスクスできて、良かったです。脚本の上江州さんが、当時、シリアスなアニメばかり作っていたので、気楽なのを作りたいということで作っただけに、シリアスはほぼなし、小難しい事はなし、でした。

思い付きブログ 「LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-」感想。試写会、舞台挨拶も

テーマというかお話の題材としてはわかりやすいものだったと思うのですが、時間尺の割には登場人物が多いせいか、一人一人のエピソードの掘り下げがもう少し見てみたかったかも

思い出の小箱の隅 LAIDBACKERS-レイドバッカーズ- 感想

ネットで(というか5chで)評価を見るとまあ軸がないだの何がやりたいのか分からない、普通に面白いけどみたいなこと言われてる。たしかに。

今度こそ斜め90度から世の中を LAIDBACKERS レイドバッカーズ 約1時間良い夢見れたぜ

つまらなくはなかった!でも興味ない人には勧められない
といった感じです。興味ある人は見に行けばいいと思います。興味ある時点で楽しめる素質を持っています。キャラ同士の掛け合いが好きな人向けの作品です。
逆に「色々と考察したい」「普段アニメとか見ない」という方にはお勧めしません。キャラ同士の掛け合いを中心に王道に沿ったお話…悪く言えば意外性はない作品なので刺激がありません。

小説やアニメ、映画などを語れる隠れ家を所望するっ! 【映画】見に行くべきか?「LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-」の感想っ!

設定としては盛りだくさんだった中で、しっかり交通整理は出来ていた、というのが簡単な感想。

抹茶飲んでからマラカス鳴らす 逆異世界転生は大忙し「LAIDBACKERS レイドバッカーズ」感想

タイトルとURLをコピーしました