『海獣の子供』クチコミ

『海獣の子供』概要

【6.7公開】 『海獣の子供』 予告1(『Children of the Sea』 Official trailer 1 )

あらすじ

光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

~中略~

“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れた生命いのちの物語。

アニメーション映画「海獣の子供」公式サイト
タイトル海獣の子供
上映開始日2019年6月7日
原作者五十嵐大介
監督渡辺歩
主題歌米津玄師
音楽吹石譲
キャスト芦田愛菜、石橋陽彩、稲垣吾郎、蒼井優
制作STUDIO4℃
公式サイトhttps://www.kaijunokodomo.com/

©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

『海獣の子供』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

本作の良い点は、原作の再現度の高さ。
あの緻密な絵が色鮮やかに、躍動感を持ってグリグリと動きます。
海の美しさ。青の質感と量感。
鯨や、海洋生物たちの生き生きとした生命感。
そして、その中を泳ぎ潜り飛び跳ねて駆け抜ける子供たちの疾走感。

MOJIの映画レビュー 「海獣の子供」 圧倒的な絵の魅力、海の臨場感。わからないところも原作通り! ネタバレ解説も

近年特に映画や小説、マンガを鑑賞する側に、言語化された「答え」を求める風潮が顕著であるため、今作のような「言葉にしない」作品は受け入れられにくいかもしれません。
しかし「大切なことは言葉にしない」という精神性に裏打ちされたこの作品は、徹底的に言語化することを避け、観念的で写実的な世界観で我々の目の前に現前します。
無理に自分の中でこの作品に対して答えを出そうとするのではなく、鑑賞し終わった後に自分の中に残った感触を大切にしてみるのも良いかもしれません。

nagamovie 【ネタバレあり】『海獣の子供』感想・解説:言葉にならないものに触れることの大切さ

怒涛のクライマックスを前に何を語ればいいと言うのでしょうか? 
アニメーションならではの、アニメーションでなければ、という技術と表現方法をフルスロットルさせながら、何より、制作陣の凄まじい熱量がびしびし伝わってきます。
まさに“ザッツ・アニメーション“と叫びたくなる一本です。

Cinemarche 映画『海獣の子供』感想評価とネタバレ解説。渡辺歩監督の「海・波・水の触覚」は大胆で圧倒的な表現!

映画を観た感想は、「凄いモノを観たな」だけ。
小さな少女の目を通して見るのは、芸術と科学が融合した、哲学と思想が混ざったような、あまりにも壮大な物語とその内容。
「生命の誕生と神秘」を言葉と音と映像で唄う。
命の連鎖と円環、そしてガイア理論的な“生命”描写と宇宙をも貫く神秘の《祭》。
眼の前のスクリーンに映し出されるのは、圧倒的な描写で描かれる「生命の息吹」を誕生から躍動まで。語りかける言葉よりも、伝えるアニメーションが本当に凄い!

メモスト 【アニメ映画】『海獣の子供』:躍動感溢れる《生命神秘》を描く音楽と映像に飲み込まれる!

壮大にして難解!
わからない?それでいいんだよ!
だってこの世はわからないことだらけなんだから。

モンキー的映画のススメ 映画「海獣の子供」感想ネタバレあり解説 わからないことだらけだが観て損はなかった。

子供の時初めて『もののけ姫』のシシガミ様を観て怖くなった気持ちを思い出しましたわ。子供が観たら絶対トラウマになるよなーって思いながら眺めてました。
アニメの描写は言わずもがな、予告編の時点で水に飲み込まれる衝撃があったから知ってたけど、ストーリーがなぁ。
なんというかアニメ映画で言うならディズニーの『ファンタジア』、映画なら『2001年宇宙の旅』みたいな抽象的映像を垂れ流す映画。理解出来たらカッコよく自慢できる映画ですよね。

今日も映画ですか? 『海獣の子供』ネタバレ感想 深そうに見えても底が浅い、海の物語

細やかなアニメーションに神秘的な映像表現。この描写の連続によって与えられる印象というと、大宇宙の精神世界への冒険ともいうべきスペクタクル。それはどこか宗教染みているというか哲学的な自然賛歌のようで、観ながら畏れのような感情すら抱きつつザトウクジラを眺めやる自分もいました。

Filmarks映画 海獣の子供の映画情報・感想・評価

著名人の声

1秒も観逃していないはずなのに、愕然とするほどわからなかった。
それでも目、耳、におい、肌、体温、心臓、身体の全てがわかりたい、わかっていると熱くなった。矛盾している?
それが映画だ。
枝 優花 / 映画監督

目の前の世界をすべて裏返されるような感覚。体験したら、その瞬間からこの先ずっと、退屈を感じる暇は無くなると思う。
横槍メンゴ / 漫画家

額縁の中の海はただ美しいだけだけど、
実際の海は、広くて深くて、おののいてしまう。
でもやっぱりちょっと覗いてみたい。
それならその全てが表現されたこの映画に飛び込んでみよう。
中村佑介 / イラストレーター

自分は何者なのか考えた事がある。
わからないが答えだった。
人は自分達が権力者であり全てを支配してると思っているが
それが勘違いだと気付かさせてくれるとても美しい作品だ。
土屋アンナ / モデル・歌手・女優

アニメーション映画「海獣の子供」公式サイト

タイトルとURLをコピーしました