『ドラえもんのび太の月面探査記』クチコミ

『ドラえもんのび太の月面探査記』概要

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」予告1【2019年3月1日(金)公開】

あらすじ

謎の転校生、そして月の裏側に隠された真実とは…!?

月面探査機がとらえた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。

そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと一緒にウサギ王国に行くことに。そこでのび太は偶然エスパルという不思議な力を持った子供たちと出会う。

すっかり仲良くなったドラえもんたちとエスパルの前に謎の宇宙船が現れる。エスパルはみんな捕えられ、ドラえもんたちを助けるためにルカも捕まってしまう。

はたしてのび太たちはルカを助けることができるのか!?

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』公式サイト
タイトルドラえもんのび太の月面探査記
上映開始日2019年3月1日
原作藤子・F・不二夫
監督八鍬新之介
主題歌平井大「THE GIFT」
ゲスト広瀬アリス、中岡創一、高橋茂雄、
柳楽優弥、吉田鋼太郎

©藤子プロ/小学館・テレビ朝日・シンエイ日・ADK 2019

『ドラえもんのび太の月面探査記』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

素晴らしかったです!
傑作だと思いました。歴代「映画ドラえもん」でも、昔のドラの思い出補正を含めても、なお上位に入る作品です。
脚本が良かったです。辻村深月さんの脚本。

MOJIの映画レビュー 「ドラえもん のび太の月面探査記」絶賛レビュー! F先生が書いたみたいな物語 ネタバレややあり

今回の『ドラえもん のび太の月面探査記』の大きなテーマは人間の想像力というところにあると思います。

nagamovie 今回の『ドラえもん のび太の月面探査記』の大きなテーマは人間の想像力というところにあると思います。

序盤はなかなか盛り上がりませんが、ストーリーが進むにつれてどんどん盛り上がっていきますので、最後まで退屈しない映画でした。素直に面白い!
異説関係の説明など、ちょっと小さなお子さんには難しい話がありますが、それだけに大人も楽しめる映画に仕上がっています。オススメ。

悠斗の玩具系駄文日記? のび太の月面探査記 感想

ストーリーにボロがあいかわず多いと思います。
宝島、南極でもボロはありますが、それを打ち消すぐらい引き込まれました。
今作は、そこまで引き込まれずに見てしまいました。

うめきちの映画さんぽ 【結末まで】ドラえもん のび太の月面探査記 ストーリー 感想 あらすじ ネタバレ [映画]

まず、現実に疲れた大人にはオススメです。
「宝島大冒険」はワンシーンワンシーンが丁寧に描かれたヒューマンドラマ仕立てですが、今作は壮大なSFアクション。
シーンごとの切り替えも速く、かなりスリリングな仕上がりです。
そして、満天の星空や月の絵の美しさや、時空を超えた大冒険は、ストレスいっぱいの日常を忘れて非現実の世界へ連れていってくれるでしょう。

エンタメブリッジ 最新ドラえもん映画「ドラえもんのび太の月面探査記」あらすじレビュー!【ネタバレあり】

感想は人それぞれだから「あなたには合わなかったんですね」というだけの話なんですけれども、のび太の月面探査記が「直木賞作家が脚本したのに大したことなかったねー」が定説になるのはちょっと許しがたい。すごく良い映画なのに。

格ゲーマーの読書記録とその他いろいろ 【ネタバレ感想】映画ドラえもん のび太の月面探査記 子供向けらしからぬキャラクターの心理描写と伏線が素晴らしい異色のドラえもん映画

ドラえもん映画としてのお約束を押さえたうえで、深いメッセージも描いていて、全体的に上手くまとまっていた映画でした。ドラえもんファンで直木賞作家の辻村深月さんが脚本を書かれたというのも、その安定した展開を観れば納得できました。

ササキの映画感想日記 映画「ドラえもん のび太の月面探査記」の感想、あらすじ

今作は、見た後に本当に何も残らない作品です。右から左へゴー。のび太の宝島でよかった要素を全て取り除いてしまった感じです。
月の裏側にドラえもんの道具で街を作るのですが、この場面は旧ドラの雲の王国で雲に都市を作るシーンの劣化コピー感が半端なかったです。

東大法学部卒サラリーマンの高等遊民夢見録 【予想通りただの凡作】ドラえもん のび太の月面探査記の評価・感想

テーマを語る上では、辻村深月による脚本はとてつもなく精巧だったと認めざるを得ない。
しかし、文筆家のスキルがここぞとばかりに発揮されている反面、『月面探査記』は胸躍るようなビジュアルに乏しいという面も目立つ。
~中略~
ドラえもん映画に期待する童心をくすぐるシーンの数々は、あまり見られなかった。『月面探査記』のテーマを丁寧に語ろうとする真面目さによって、失われてしまっている。また、明確なテーマのもとに、キャラクターが配置されて動くという印象も強く、窮屈さは否めない。

ワタリドリの手帖 創造的想像力というドラえもんらしいテーマ『映画ドラえもん のび太の月面探査記』レビュー【ネタバレ】

タイトルとURLをコピーしました