『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』クチコミ

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』概要

『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ― オリオンの矢 ―』予告PV第2弾

あらすじ

神時代以前より受け継がれる【神月祭】に沸き立つ迷宮都市(オラリオ)—
【リトル・ルーキー】として都市を賑わせた冒険者ベル・クラネルと、彼の主神ヘスティアも、その喧騒の只中に身を置いていた。
夜の闇を照らし出す、色とりどりの屋台や催し、都市全体を淡く包み込む月光。
都市の喧騒の遥か上空で、月は静かに佇み、ただ待っている。
英雄の誕生を、そして新たな冒険譚の始まりを—

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-」公式サイト
タイトル ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか-オリオンの矢-
上映開始日 2019年2月15日
原作 大森藤ノ
監督 桜美かつし
主題歌 井口裕香「おなじ空の下で」
キャスト 松岡禎丞、水瀬いのり、坂本真綾
制作 J.C.STAFF
公式サイト http://danmachi.com/movie/

©大森藤ノ・SBクリエイティブ/劇場版ダンまち製作委員会

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

今作はニヤニヤあり、アツい展開あり、涙ありのとても素晴らしい作品でした。
ファンの方なら必ず観て欲しいですね!
初見だと少し世界観に入りづらいと思うのでテレビアニメシリーズで予習してからの方が良さそうです。

ゆずの坂 【感想・ネタバレ】「劇場版 ダンまち-オリオンの矢-」- これは1人の女の子(女神)を救う英雄譚

約80分という短い時間のなかでよくまとめた作品だった。が、後半が急ぎ足すぎた。エルソスの遺跡いったらでかいサソリいてその矢で倒せ!で終わりという、ストレートすぎた。最後のアルゴノゥトとオリオンの矢の組み合わせは良かった。
もっと熱いバトルを期待していただけに残念だった。映画で感動ものは尺の都合上難しいんじゃないかな。

俺の人生二次元に捧げる! 「ダンまち 劇場版オリオンの矢」俺が求めていたのはこれじゃない!!

トータルで言えば、ダンまちらしいストーリーで、ちょっと驚くところもありながら、王道の英雄譚を行く感じ。
ダンまちが好きな人は、こういうのが見たいんじゃないかなと思う。個人的には満足。
上映時間82分があっという間だった。

Argonaut ダンまち 劇場版感想(後半ネタバレ)

すごく見やすい劇場版でした。複線もわかりやすいので「アレ?これなんだっけ?」みたいなことにはならずストレスなく鑑賞できました。

マホトラのブログ ダンまち劇場版オリオンの矢!見に行った感想を語ってみる(ネタバレあり

初見でも十分に楽しめる内容で、短いのによくまとまっている、と思ったのは素直な感想です。
特にクライマックスでは涙がこぼれそうなくらい感動しました!
ストーリーは引き込まれるものがあってとても良かったですね。
さすが原作者書下ろしストーリー!

ぐだぐだ騎空士のオタブログ 【劇場版】ダンまちの感想!入場者特典は2週目がおすすめ!【アニメ レビュー】

82分と短いのでどうしても内容的に細かく描けないという感じは凄くありましたけど、内容が全く置き去りでキャラの可愛さだけの映画ではなかったですね。
キャラもアニメ以上に可愛かった!ですけど、アニメや原作を全く見たことが無いよ!という人でも十分楽しめる映画というのが私的な評価かなと。

気になるアレの話題をゲット ダンまち「映画」を見てきた感想とレビューを紹介!おススメはココ!

映画としての物語としてもよかったし、どうやら、後日、本編の展開にも影を落としそうな情報も残していったような気がする。
なので、満足。

BLACK SWAN 劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢- 感想

観終わった時は「大した映画ではなかったな」と思いましたが、こうして記事にしてみると「色々と考えられて、これはこれで面白い映画だったな」と若干評価が上がっておりますw

隠れ家を所望するっ! 【映画】マイルドに書く『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』の感想

タイトルとURLをコピーしました