『名探偵コナン 紺青の拳』クチコミ

『名探偵コナン 紺青の拳』概要

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』予告映像【2019年4月12日(金)公開】

あらすじ

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア”紺青の拳(こんじょうのフィスト)”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていたー。
~中略~
キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険過ぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!?
そして、不吉な何かを予兆するかのように、シンガポールの象徴・マーライオンから深紅に染まった水が放出される!

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』公式サイト
タイトル名探偵コナン 紺青のフィスト
上映開始日2019年4月12日
原作者青山剛昌
監督永岡智佳
主題歌HIROOMI TOSAKA「BLUE SAPPHIRE」
ゲスト山崎育三郎、河北麻友子
公式サイトhttps://www.conan-movie.jp/

©2019 青山剛昌/名探偵コナン製作員会

『名探偵コナン 紺青の拳』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

まとめると、名探偵コナン「紺青の拳」は、実にコナン映画らしい恋愛・アクション・ミステリーの三位一体(トリニティ)作品だったと思います。
特に、複雑な事件を限られた時間にギュッと収めているため、さりげない描写に込められた情報が多い。考察しながら鑑賞するのに適していました。

Silverbullet 名探偵コナン「紺青の拳」ネタバレ感想&考察。京極と園子、蘭、キッドの名シーンを分析。“残された謎”の真相とは?

色々ありえない事が多かったですが、そんなの抜きにして楽しめる映画でした。まぁそんな細かいことを考えて映画を観ていたのは私くらいで、妻と子供はとても楽しかったようです。事件の全容とかはまったく分からなかったそうですけどw とにかくキッドと京極真がかっこよかったそうです。

Life is alright。 映画名探偵コナン紺青の拳(フィスト)感想!面白かった点7個とイマイチだった点3つを紹介

滅茶苦茶満足が高く、爆破のスケールが過去作でも類を見ない程だったり、ミステリのコナン君とキッドの謎解きシーンの演出がスタイリッシュだったり、
小五郎含めて、登場人物みんなに見せ場があったり、ファンも初見の人もみんなが楽しめる素晴らしい出来になっていたと思います。
観た後、心の底から「楽しかった!」ってなりました。

社会の独房から 最後の最後で全てがひっくり返る劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』感想

踏み込んでいうなれば、男性が女性に投影する理想としての「デレ」ではなく、女性が自ら無意識のうちに出してしまうような自然な「デレ」の描き方が成されていて、そこも素晴らしかったですね。

nagamovie 【ネタバレあり】『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』感想・解説:探偵というよりもはやサイヤ人

この「コナン」ってもう最近ではそう言う「なんでもありにインフレした物語」にみんなでツッコミを入れて、みんなで共有するコンテンツとして人気なわけですよね。
満席の劇場で本編が終わったあと、ライトがついた瞬間のざわざわした観客の声。
あんなにも劇場が鑑賞後言いたいことで溢れる映画って、少なくとも僕は知らないです。去年も50本近くは映画館で鑑賞したし、今年もそれなりのペースで映画見てますけど、こう言う空気になる映画って「コナン」だけでなんですよ!!

隣の庭の芝生が青すぎる 名探偵コナン 紺青の拳 感想

後半20分がヤバすぎて
前半1時間30分の記憶消し飛んでたから
記憶取り戻すために2回見に行った

まめきちまめこニートの日常 映画コナン「紺青の拳」見に行った感想まんが【ツッコミ祭り】

「紺青の拳」を観終わった率直な感想としては、予想通りそこまで面白くはなかったかなという印象。
ただキッドファンにとっては、かなり見ごたえのある劇場版だったのではないでしょうか。感想と見どころを5点まとめました。

かっぱの平泳ぎ 【試写会】名探偵コナン「紺青の拳(フィスト)」のネタバレ感想【キッドが大活躍すぎた】

やはり全体として、「人気キャラの見せ場」を優先して組み立てたであろう弊害(散漫さ、説得力不足)が目立ってしまい、遺憾の意が残る感想となってしまった。あれもやりたい、これもやりたい。そのためには、こういった「下げ」やああいった「下げ」が必要だ、と。この方法論でいくならば、昨年『ゼロの執行人』の方がまだ割り切って確信犯的(誤用)な作りだったなあ、と。むしろこれなら昨年に倣って、もっといやらしいくらいに「人気キャラの見せ場」に全振りしても良かったのだろうか・・・。

ジゴワットレポート 感想『劇場版 名探偵コナン 紺青の拳』 精神面で勝利できない京極さんへの遺憾の意

タイトルとURLをコピーしました