映画『ボス・ベイビー』クチコミ

『ボス・ベイビー』概要

『ボス・ベイビー』日本語版予告編

あらすじ

両親に愛され、幸せな毎日を送っていた7歳の男の子ティム。ある日突然、彼のもとに弟だという赤ちゃんがやってくるが、黒いスーツとサングラス姿で手にはブリーフケースを持っていた。困惑するティムを尻目に、両親は赤ちゃんに絵本を読んだり、ハグをしたりと言いなりだった。やがてティムは、弟がベイビー株式会社の社員で、世界の愛情の比率が赤ちゃんより子犬に傾く中、発表される予定の新種の子犬の正体をつかむよう命じられていることを知る。

シネマトゥデイ
タイトルボス・ベイビー
原題The Boss Baby
上映開始日2018年3月21日
原作マーラ・フレイジー
『あかちゃん社長がやってきた』
監督トム・マクグラス
キャストアレック・ボールドウィン
スティーヴ・ブシェミ
ジミー・キンメル 他
吹き替えムロツヨシ、山寺宏一、石田明 他
公式サイトhttps://nbcuni-cp.jp/bossbaby/

© 2018 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
© 2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ボス・ベイビー』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

端的に言って
良かった。本当に良かった。
そんな感想がしみじみと漏れる映画でしたね。何度も笑って、最後にはちょっとじーんとくる、素敵な娯楽作品でした。
一見シンプルなメッセージの映画にも思えるのですが、よくよく考えると、その実いろんな見え方のする映画ではないかな

アニギャラ☆REW 【ネタバレ有り感想】『ボス・ベイビー』は運命に選んで貰えなかった者の意外と深い物語だ!

見た目は赤ちゃんで言動はおじさんというボス・ベイビーのキャラクターはもちろん面白かったのですが、それに加えてストーリーの展開もとても丁寧で分かりやすくまとまっていたので、本当にファミリー映画のお手本みたいだと感じました。

ササキの映画感想日記 映画「ボス・ベイビー」の感想、あらすじ

本作が非常に良かったと思うポイントは、ちゃんと1本芯の通った、普遍的なテーマを物語に持たせていたということです。単に過去作へのオマージュやイースターエッグを散りばめた小手先の工夫だけではないのです。

あいむあらいぶ 【ネタバレ有】「ボス・ベイビー」感想・考察と10の疑問点を徹底解説!/意外に深いメッセージ性もあるファミリー向けコメディ喜劇!

大人がみたら物足りない部分はあるものの、十分合格点はあげられるアニーメションムービー。
映像、演出、音楽、赤ちゃん、子犬すべてが可愛くて、普段キラキラした物が嫌いなぼくでもキュン死にしそうになりました。

マイペースナイト 【ネタバレ感想】「ボス・ベイビー」可愛くてポップで心が優しくなるアニメーション作品!

娯楽性は突き抜けて高いです。筆者も何度も笑わされましたし、大人にしかわからないエルヴィス・プレスリーネタが含まれていることからも、子供だけじゃなく全年齢に向けた手堅い一本であると思います。

ワタリドリの手帖 コメディとファンタジーのオモチャ箱『ボス・ベイビー』レビュー【ネタバレ無&有】

テーマに対してはある意味最初から答えは分かりきっているというか、「だよねー」という結末にならざるを得ないわけで、あまりそこは意識しないで純粋にコメディとしてたのしめばいい作品だと思います。

うち天 映画『ボス・ベイビー』感想

タイトルとURLをコピーしました