『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』クチコミ

『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』概要

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」本予告

あらすじ

空と海が輝く街”藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。
先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧之原翔子の出現により一変する。
何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。
やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。
そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める―。

青春ブタ野郎シリーズ: 「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」公式サイト
タイトル青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
上映開始日2019年6月15日
原作鴨志田一
監督増井壮一
キャスト石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのり
制作CloverWorks
公式サイトhttps://ao-buta.com/

©2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

おもしろかったですね。
うまく2時間に収めるためにいろいろと工夫した点が見られました。差し支えないシーンを少し省いたりされていますね。1つの場面で言えば1ページほどでしょうか。
それでいて後半のクライマックスに向けてからはほぼノーカットでそのまま。作品の肝はしっかりと抑えてあります。

みぞれあんかけ焼きそばパン 【ネタバレ】映画 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 感想

良い意味で予想を何度も裏切られるシナリオ、そして緊張感のある演出。2週間で3億円の興行収入があることが全てを物語っていますね。まさにアニメ映画界の「超大作」と言えるでしょう。
特に後半のほうの展開は一切目を離す隙がなく、スクリーンに釘付けになってしまいました。

ムビチャン 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ないのネタバレあらすじと感想は?

映画単体としてはすごく良かったです。不満もありましたが「3人の物語」としては最高でした。ぜひ原作も読んでいただきたいですね。原作読了後だと映画も違った感じに見ることができると思います。
個人的にはアニメ→映画→原作→もう一度映画の流れで見るのが、1番楽しめると感じたので、気になった方はぜひ見てください。

り~すねっと 【ネタバレ注意】映画「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」本編&舞台挨拶感想

個人的にこの作品の魅力はSF要素とド直球ラブコメ要素が融合したストーリーと、とにかく優しすぎるメインキャラクターにあると思っていますが、それは劇場版でももちろん健在で、主人公・梓川咲太に至っては人間味がありすぎて逆に人間離れしているように見える矛盾を感じる程でした笑

感想文自由形。 映画青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」感想~沢山の「優しさ」が詰まった感動作!

期待を裏切らない展開で、自然と涙が流れる切ない物語でした。映像を楽しむというよりは物語を楽しむ作品。映画館で集中してみたい作品ですね。
それだけに、フィクションに何を求めるのか・・・見終わった後に色々考えさせられました。この結末を受け入れてしまっていいのか。
でも、人生はやり直せないからこそ夢を見せてほしい・・・それがフィクションの一つの役割かなと。そうポジティブに捉えたくなる作品でした。良かったです!

アニメとスピーカーと‥‥。 映画『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』感想:フィクションで夢を見るという事

いやー、泣きました。実は原作を読んでいて話の内容は知っていたんですが、原作読んでる時にぼろ泣きだったのに声優さんの声まで付いてあの展開になるともう涙腺崩壊でしたね。

てりやきの今宵もアンニュ~イ 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 感想

余談であるが、ヒロインズはいうまでもなく最高だが、本作は脇役たちも本当に素晴らしい。それは、要所要所で咲太に重大な影響を与え、私は思わず、「ああ、咲太、君は本当に青春ブタ野郎だね。」と呟かずにはいられないのだ。

Photo Promenade 【感想】映画「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」僕が守れるのは…

実は『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』(ないし『青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない』)という作品もまた「死」をデバイスとして「生」の大切さを語る作品です。
ただこの作品の凄みというのは、テーマ性ではなくて描き方に宿っているんだと思います。
咲太という平凡な高校生の視点で綴られる「死」という途方もなく、巨大な壁。
高校生の等身大の実感と温度感で読み手にもじわじわと伝わって来る死の感触や臭いが驚くほどに生々しいんです。

nagamovie 【ネタバレあり】『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』感想と解説:ただ涙が止まらない傑作。

キャラクターの魅力とシナリオが両輪となり、話を牽引していくこの作品はエンタメの鏡だと思います。
惜しむらくは、やはり映像のレベルでしょう。ここが更に光れば傑作になったように感じます。

アニメとゲームの感想帳 【ネタバレ無し】映画レビュー『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』感想・評価(75点)

タイトルとURLをコピーしました